息子が2歳ぐらいの時だったろうか、夫がハマっていたのがテレビゲームだった。

結婚前からニンテンドーが好きだったらしい。

 

????

息子は二人目で、子育てにも慣れて来て、時間にも余裕ができたからか、寝るまでの時間をゲームに費やす日々が続いた。

それはそれでいいのだが、問題は2歳の息子と一緒になって遊んでいたことだ。

息子はたちまちゲームを覚えてしまい、二人で夢中になって遊んでいた。

とめればよかったのだ。とめれば。

 

 

でも、二人で遊んでてくれるとラクなのだ。少なくとも私の手をはなれる。

 

失敗だったなぁ。

 

すっかり熟練のワザを身につけた息子。

ゲーム三昧の毎日が続き、やめろ、やめないの大げんかをすることが日常となった。

今でも蒸し返したように、息子から「小さい頃お母さんにコントローラーで頭をぶん殴られてたんこぶができた」と嫌味を言われる。

あの時は思いっきりやっちゃった割に、息子はたんこぶですみ、コントローラーが破壊した。

恐るべき石頭。

 

高校生になった息子の視力は0.02。

受験の時に身体検査があり、そこで不合格になったことを今、心から後悔している。

だから言ったのに。やめろって。

 

子どもの将来を思うなら、「ならぬことはならぬものです」を貫き通すのが肝ですな!