インフルエンザ予防接種

Q.ワクチン接種はどのぐらい効果があるのですか?

重傷な合併症や死亡を予防し、健康被害を最小限にすることが期待されています。

効果は、年齢や体調、そのシーズンのインフルエンザの流行株とワクチンに含まれている株の抗原性などによっても変わります。

日本の研究では、65歳以上の健康的な高齢者の場合、約45%の発病を阻止し、約80%の死亡を阻止する効果があったという報告があります。

1歳以上~6歳未満の幼児では、発病(発熱)を阻止する効果は20~30%です。
また、1歳未満の乳児では対象例数が少なく、効果は明らかでなかったという報告があります。

なおインフルエンザワクチンは、鳥インフルエンザや他のウイルス、その他の病原体による風邪などには効果はありませんのでご注意ください。

Q.定期的に予防接種を受けた方がいいのはどんな人ですか?

  1. 65歳以上の方
  2. 60~64歳で、心臓、じん臓、呼吸器の機能に障害があり、身の回りの生活を極度に制限される方
  3. 60~64歳で、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいがあり、日常生活がほとんど不可能な方

これらの方々はインフルエンザにかかると重症化しやすいため、予防接種法による定期接種の対象者となっています。
ただし接種は義務ではありません。

Q.何月ごろ予防接種を受けるのが効果的ですか?

インフルエンザの流行が1月上旬から3月上旬であること、ワクチンの効果が出るのに2週間位かかることから、毎年10月から12月中旬くらいまでに予防接種を受けることが望ましいです。

Q.インフルエンザ予防接種は誰でも受けられますか?

以下に該当する方は、予防接種を受けられません。
ご注意ください。

  1. 予防接種当日、37度5分以上の熱がある人
  2. 重篤な急性疾患にかかっている人
  3. インフルエンザワクチンによってアナフィラキシーショック(じんましん等のアレルギー)の症状が出た人
  4. インフルエンザ予防接種後、2日以内に発熱や全身性発疹等のアレルギー反応が出たことがある人
  5. その他、予防接種を行うことが不適切な状態の人

※予防接種法に基づくインフルエンザワクチンの定期接種が不適切と考えられる方(予防接種実施規則第6条による接種不適当者)は、次の通りです。

また、次の内容に該当する方は、予防接種を受ける前に医師とよくご相談ください。

※予防接種実施要領に基づく『接種要注意者』は次の通りです。

  1. 日常生活が極度に制限されるほど、心臓、じん臓、呼吸器に障がいを持つ人
  2. ヒト免疫不全ウイルスにより、日常生活がほとんど不可能なほど免疫の機能に障がいを持つ人

Q.インフルエンザワクチンに福反応はありますか?

一番多い副反応は、接種した部分の発疹や腫れ、激しい痛みがあげられます。

体全体の副反応としては、発熱、頭痛、悪寒体のだるさなどです。
また、まれにワクチンに対するアレルギー反応(発疹、じんましん、発赤、かゆみ)が生じる場合もあります。

その他にギランバレー症候群、急性脳症、急性散在性脳脊髄炎、けいれん、肝機能障害、ぜんそく発作、紫斑などの報告がごくまれにあげられますが、これらの疾患とワクチンとの関連についてはまだ明らかになっていません。

資料提供・地域医療の発展を応援する無料雑誌「ぷるぷる」



1 / 4812345...102030...最後 »