インフルエンザの脅威

インフルエンザ脅威

このシーズンになるとあちらこちらから聞こえてくる言葉「インフルエンザ」。
毎年冬に流行し、多くの人の健康に影響を与える感染症のひとつです。
「インフルエンザにかかったことがある」または「家族や知り合いがインフルエンザにかかって大変そうだった」という人も少なくないはずです。

日本では例年、11月~翌年4月くらいの間にインフルエンザが流行します。
一旦発症すると、のどの痛み、鼻汁、くしゃみ、せきといった風邪の症状に加えて、急な38度以上の発熱、激しい頭痛、関節痛、筋肉痛などの前身の症状が現れ、短期間で感染が広がってしまいます。

抵抗力が弱い人は重症化することもあり、小さい子供は「急性脳症」、高齢者などは「肺炎」を併発する恐れがあります。

インフルエンザにうち勝つには

インフルエンザうち勝つ

インフルエンザには種類があります。
一つは、鳥類を中心とした動物のインフルエンザウイルスが人間に感染し、人間の体内で変異・増殖し、その後、人間から人間へ感染していく「新型インフルエンザ」と、もう一つは例年冬に流行する「季節性インフルエンザ」です。

今年度から、平成21年に大流行した新型インフルエンザ(A/H1N1)は、名称がインフルエンザ(A/H1N1)2009となり、通常の「季節性インフルエンザ」に切り替わりました。

インフルエンザ予防として、手洗いうがいやマスクの着用はもちろん、インフルエンザのワクチン接種も日所に重要です。
ワクチン接種後、2週間程度で効果が出ると言われておりますので、なるべくはやめに予防注射を受けに医療機関へ行きましょう。

インフルエンザを防ぐ5つのポイント

インフル感染

1.流行前のワクチン接種
重症にならないために大変有効です。
2.外出後の手洗い・うがい
体に付着したウイルスを除去するため、外出後の手洗い・うがいを習慣づけましょう。
3.適度な温度を保つ
空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。
乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、十分な温度(50~60%)を保ちましょう。
4.十分な睡眠とバランスのとれた食事
体の抵抗力を高めるため、十分な休養とバランスのとれた食事を心がけましょう。
5.人ごみへの外出を控える
高齢者や慢性疾患を持っている人、睡眠不足の人はなるべく人混みや繁華街への外出を控えましょう。
やむを得ず外出する際は、「不繊布のマスク」を着用し、外出時間を少しでも短縮しましょう。

インフルエンザにかかってしまったら・・・

インフル感染

  • 体調が悪いと感じたら、早めに病院へ行きましょう。
  • 小まめな水分補給を心がけましょう。
    お茶やスープなどもOKです。
  • せきやくしゃみなどの症状がある時は、
    周りの方へうつさないためにも不繊布製のマスクを必ず着用しましょう。
  • 無理をして学校や職場に行かないようにしましょう。

資料提供・地域医療の発展を応援する無料雑誌「ぷるぷる」vol.3



6 / 6« 先頭...23456